神の約束とヤコブの旅

hagi に投稿
William Blake: Jacob's Ladder
創世記は面白い。自由学園高等科の修養会で皆で読み切ったのを思い出す。心躍る強さの物語だ。しかし、どう考えても作られた物語で意図的な操作が入っている。操作が入っているのには理由があり、それを念頭において読まないと選民思想の罠に堕ちてしまう。選民思想の呪縛からの開放が自由の源泉となる。しかし、自由を求めることへの誇りが新たな選民思想の罠となるから世の中はままならないと思うのである。

新生活185週目 - 「イエス、弟子たちに現れる」

hagi に投稿
The Appearance of Christ at the Cenacle (Apparition du Christ au cénacle)
今週は、渡米を予定しているのでTissotの絵を見にブルックリン美術館に寄ろうと思ってちょっと知らべてみたら、かつてイベントで展示していただけで、現在展示されているものは無いようだ。それでも、時間が許せば寄ってみようかと思っている。

ウクライナのコワーキングの記事を読んでコミュニティとアソシエーションについて考えた

hagi に投稿
記事に出てくるコワーキングスペースは戦火を免れ、何とかネットや水、シャワーや食料を調達し、復活以上の成果を上げているように見える。胸が熱くなる。
タグ