キリスト教

1年8ヶ月ぶりに会堂礼拝と聖餐式に参加した

hagi2021/12/06(月) - 00:06 に投稿
2時間強会堂にいて、集中して話を聞き、できるかぎりよい同胞でありたいと頑張ったら疲れた。疲れたけど参加してよかったと正直に思う。同時に、コロナが明らかにしたとは言え、約30年前に世界は転換点を迎えていたことに気が付かされた思いがする。

新生活60週目 - 「大きな苦難を予告する〜人の子が来る」

hagi2021/11/14(日) - 07:59 に投稿
終わりの日があることを意識することで、それはいつかやればよいことから、今やらなければいけないことに変わる。現実には今日とほとんど同じ明日がやってくるが、永遠に続くわけではない。突然事態が変わることはしばしばあるし、もう行き止まりだと絶望しても道が開けることもある。

新生活59週目 - 「律法学者を非難する〜やもめの献金」

hagi2021/11/07(日) - 08:21 に投稿
献金と税金は何が違うのだろうか。単純には、税金は自分たちのための資金拠出であり、献金は神のための資金拠出だ。たくさんの献金をしていても、それが自分の名誉や権力の維持のためのものであれば、本質的には献金ではない。

新生活58週目 - 「最も重要な掟」

hagi2021/10/31(日) - 06:41 に投稿
本来律法学者に権威が伴うわけではない。あるはずもない権威にすがって事実に向かい合わないと隣人を愛することができなくなる。この律法学者は、立場を維持する目的ではなく本当のことを求めたので「あなたは、神の国から遠くない」と言われたのだろう。傷んだ集団にも真実を求める人は残っているから、属性で偏り見てはいけない。