ブログのホーム

Drupal core - Highly critical - Remote Code Execution - SA-CORE-2018-002

hagi2018/04/21(土) - 17:27 に投稿
Drupalに深刻なセキュリティホールが見つかってから約1ヶ月。被害が出る前にセキュリティホールを発見したのは立派だし、対応も妥当だったと思う。しかし、手を抜いて対応しなかったサイトは深刻な被害を受ける。私は、問題があったことを隠さなかった姿勢を高く評価するが、異論もあるだろう。
タグ

縁あって「もう一つの椅子」イベントに参加した

hagi2018/04/14(土) - 20:55 に投稿
手で触れるもの、例えば本を大事にする人には、温かい空間を生み出す力があるように感じる。そして、良い意味で古臭いように感じさせる建築物にはそれを増幅させる力があると思う。

Couzt初訪問

hagi2018/04/10(火) - 13:43 に投稿

根津にあるCouztというカフェ・レストランでランチ。かなり以前に入った記憶はあるが、この形態の店になってからは初訪問である。

縦開きのスチール窓から外気を取り入れる感じが心地よくて、とても落ち着いた雰囲気で思わず長居してしまう空間。ランチプレートも丁寧でオーガニック感のある美味しいものだ。玄米は食べる人もちょっとづつ丁寧に食べることになるので店にマッチしていると思う。WEP対応ではないがフリーwifiが使えるのも便利だし、テーブルタップも求めれば貸してくれる。

メンバー制のサードワークプレースにはインサイダーとアウトサイダーをどこか隔ててしまう感じがあって、一番最初に契約した平河町ライブラリーが閉店してしまってから迷いつつも結局ホームワークプレースの契約は行っていない。在宅と、カフェ、ドロップインのコワーキングスペースが私の作業場所になっている。適度に生きて動いている人の気配が感じられたほうがくつろげるので本当は在宅よりも、Couztのような場所の方が心地よい。コストがかかるから勢い在宅が増えてしまうが、外に出たほうが生産性が上がる日があるのは良くわかっている。移動時間も惜しいような集中作業なら在宅は良いが、本当はあまり自宅で仕事をしたいとは思っていない。

コワーキングスペースは街づくりの一環として考えられるようになるかも知れない

hagi2018/04/10(火) - 12:01 に投稿
JETRO/IPA New Yorkのニューヨークだよりの「米国におけるワーキングスペースの現状①」というレポートを読むと、コワーキングスペースが今一度変身の時期を迎えているように感じられる。ひょっとすると、街づくりの一環として考えられるようになるかも知れない。

オープンソース等のコミュニティについて考える

hagi2018/04/09(月) - 11:40 に投稿
コミュニティの成立、成功を考えていると最後は人、チームが大事だと感じさせられる。多くの人に影響を与えられる持続性のあるコミュニティの構築は易しくないが、人の心が動けば未来は変わる。オープンソースのコミュニティにその良い例を見ることができる。

Wappalyzer

hagi2018/04/04(水) - 15:37 に投稿
Wappalyzerを紹介する。Chromeのプラグインを入れれば、閲覧しているページが利用している技術が特定できる。そのサイトに掲載されている情報を見ると、シェアや代表的なサイトを知ることができる。Drupalの一日研修の引き合いがあって調べ直した機会にまとめてみた
タグ