コロナ後も従業員はオフィスに元のようには戻らないのは確実らしい(続:オフィス勤務と在宅勤務の長短をLeesmanが分析中)

hagi2020/07/07(火) - 22:27 に投稿

先程、日本時間の20年7月7日の21時から、Leesman社の"Global Home Working: The First 50k"の発表があった。前回の中間発表から回答数も増え、3月31日から6月30日までのサーベイの分析が概ねまとまったものの発表である。

「在宅勤務は、自分の業務生産性を高めることができる環境だ」という調査の結果は、オフィス勤務での同様の調査より18%も高い数字が出た。ただし、同時に企業(組織)間のばらつきが多いことがわかったのも示唆に富む。45%のうまくやれるケースでは、無茶苦茶評判が良いが、約3分の1のケースでは、かなり問題がある状態にあり、19%では落第点となっている。

Google Cloud Platformで無料の範囲でDrupal8をセットアップした 6

hagi2020/07/05(日) - 09:55 に投稿

このブログを6月12日にGCPに移して実運用を始めて1ヶ月弱。先月の請求額は0円だった。

Static IPは設定時に、サーバーを消去する前に削除を忘れたのが原因。Storage PD Snapshot in USは、スナップショットを取得する際にローカルでなくUS全域で利用可能な選択をしてしまったミス。実際に発生したのは、Network Internet Egress from Americas to Chinaの0.3円、中国からのアクセスに対する課金である。本当に無償で運営できることは良くわかった。

実運用で感じるのは、やはりマシンパワーの非力さだ。メモリーが小さいのとCPU能力が低いのでComposerの処理に非常に長い時間がかかる。定常的なコンテンツ制作や参照については、特に問題は感じないので、アップデート対応の方法を考え直せば、実運用上の問題は消えると思う。ローカルPCに環境を作るのか、別の環境を準備するのか少し悩むところだ。

タグ

チャットツールのWebサイト(Drupal)インテグレーション

hagi2020/07/04(土) - 16:43 に投稿

故あって、Drupalサイトへのチャットツールの組み込みを調査した。結論から言えば、組み込みは簡単にできる。しかも、条件が整えば無償だし、商用で有償サービスを利用しても、恐らく元は取れるだろう。ただし、技術的に容易に組み込みが可能ということと、ビジネスでチャットツールをどう使い、どう位置づけるかは別の問題であることもわかった。この記事では、最初に「別問題」と思った背景に触れて、その後に技術的な話をする。

私が、初めてWebサイトでチャットを使ったのは何だったか思い出せないが、多分英語でサポートを得る必要があるときだったのではないかと思う。コールセンターにつながるまでに長く待つのも嫌だし、つながった後に英語の(相互)聞き取りに苦しむと悲しくなるし、用が足せないこともあるから、チャットの方がマシだと思ったからだ。今は、言語に関わらず、どちらかと言えば、コールセンターにつなぐ方を好むが、チャットツールはチャットツールの良さがある。URLリンクを正確に伝えたり、選択質問などは、口頭でやり取りするより遥かに優れている。

タグ

9年ぶりにPCを更新

hagi2020/06/29(月) - 02:09 に投稿

9年ぶりにデスクトップPCを更新した。前のPCが2011年のハイエンドだったのでパフォーマンス指標ではダウングレードになるし、メモリーも下がるのだけれど、前より快適な気がする。特にグラフィック性能は、はるかに良い。しかも安い。

タグ

中国語の違和感喪失あるいはFactfullness

hagi2020/06/21(日) - 18:13 に投稿

私は谷中界隈に住んでいるが、今日よみせ通りを歩いていた時に親子で中国語の会話があった。

ふと思い起こすと10年ほど前は、観光客はともかく住人はなんとなくひそひそ話状態だった気がする。今、コロナ禍でストレス下にあるのに、屈託なく中国語で話す親子の会話を耳にして、ああ、世の中は良くなっているのだなあと思ったのであった。

いわれなき(物理的でないものを含む)暴力は、なんだかんだ言っても減っているのだろう。それは、逆に言えば、特別な配慮が失われることでもある。改めて第三号被保険者の事を思った。恐らく、廃止されないといけないのだが、依然として日本には家長制度が残っているので単純に廃止すれば悲惨が待っている。

まず、保守政党を駆逐しなければ未来はないのかも知れないと思ったのであった。

Content AccessからGroup(Group node)に移行

hagi2020/06/19(金) - 20:35 に投稿

このBlogを開設した時に、設定資料は匿名アクセスからガードしようと思って、Content Accessモジュールを導入し、特定のContent Typeに対して、匿名ユーザーのアクセスを不可にして、認証済みユーザーからのアクセスを可能にするように設定していた。Google Loginを許可するようにした段階で、誰でも認証済みユーザーになれるようになっていたので、ザルになっていたのもある。対象コンテンツが2つしかなくて既に古くなっているので気にしていなかった。

残念がら、Content Accessの現在のリリースは8.x-1.0-alpha1 released 7 November 2017のままだ。ユーザーも多く、devは動いているので9への対応も問題はないと思うのだが、Groupモジュールの方がユーザー数は下がるが拡張性が高く魅力的で動きも活発なのでGroupモジュールに移行した。とりあえず、Content Accessでやっていたのと同様の設定を「確認済みユーザー」という権限に対して実施した。

タグ

コワーキングスペースは今後増えるのか?

hagi2020/06/18(木) - 16:53 に投稿

今日、「ウェブ座談会「リアルの場の価値再考」シリーズ 第2回:コワーキングスペース編」を聴講させていただいた。中々面白かった。最初に、もうコワーキングスペースは(私には)いらないという意味の刺激的な発言が出て、後刻(郊外型)コワーキングスペースは増えるだろうというコンセンサスがあった。